森保ジャパンの“エース襲名”へ…田川亨介、初先発濃厚のタイ戦で得点狙う

 


 昨年5月のFIFA U-20ワールドカップから約8カ月、ピッチにはたくましく成長したFW田川亨介(サガン鳥栖)が立っていた。印象的だったのは、ピッチ内外での堂々とした立ち居振る舞い。もともと受け答えがはっきりとした選手ではあるが、トップチームに昇格した昨季、明治安田生命J1リーグでコンスタントに出場を重ねた自信が言葉にも表れていた。「今大会は自分が引っ張っていくという気持ちできました。もし、スタメンで出るのであれば、点を取って勝利に貢献したい」 U-20W杯での悔しさが、田川の成長を加速さ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。