マラドーナ氏、古巣セビージャの監督人事を痛烈批判「イカれている」

 


 フットボール界のレジェンドである元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、古巣セビージャの指揮官人事を痛烈に批判した。 セビージャは今シーズン、アルゼンチン代表監督への就任に伴い退任したホルヘ・サンパオリ監督の後任として、昨シーズンまでセルタを率いたエドゥアルド・ベリッソ監督を招聘。序盤は好スタートを切ったが、10月以降は成績が落ち始め、11月にはベリッソ監督が前立腺がんを患っていることが判明した。ベリッソ監督は手術を経て12月に復帰を果たしたものの、チームは復調することなく、クラブは指...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。