35歳DF上本大海、現役引退を発表…地元・鹿児島で選手生活に終止符

 


 鹿児島ユナイテッドFCは12日、DF上本大海が今季限りで現役を引退すると発表した。 上本は1982年生まれの35歳。鹿児島県出身で、鹿児島実業高校から2001年にジュビロ磐田へ加入した。2005年に大分トリニータへ期限付き移籍で加入し、翌2006年に完全移籍へ移行。2010年にはセレッソ大阪、2012年にはベガルタ仙台へ移籍した。そして2015年12月末、V・ファーレン長崎への加入が決定。2016シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合、天皇杯で1試合に出場した。 そして2017シーズン、...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。