約1カ月ぶりに復帰を果たしたモラタ…試合中は痛みを庇いながらプレー

 


 チェルシーに所属するスペイン代表アルバロ・モラタが、プレミアリーグ第27節のウェスト・ブロムウィッチ戦で痛みを庇いながらプレーしていたことを明かした。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 モラタは背中を痛めており、1月17日から欠場が続いていたが、ウェスト・ブロムウィッチ戦の61分から途中出場していた。しかし「痛みを抑えながらプレーしていた」と試合後に告白した。「フィジカル的に問題を抱えながら出場したんだ。うまくプレーできたとは言えないね。それでも、チームに貢献できて嬉しいよ。...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。