アッレグリ監督、2点差追いつかれ弱音を吐く「毎年決勝には行けない」

 


 チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが13日に行われ、ユヴェントスはホームでトッテナムと対戦し、2−2の引き分けに終わった。 ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合後の会見に臨んだ。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が伝えている。「チャンピオンズリーグは夢であり、目標だ。しかし、優勝するのは簡単なことではない。目標が少し失われてしまったという感じはある。ユーヴェは優勝するために戦っているが、優勝候補ではない。毎年、決勝に行く...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。