競り合った相手が引退…ケーヒル、悲痛な胸の内をSNSで吐露

 


 元イングランド代表MFライアン・メイソンが現役引退を発表したことを受け、チェルシーのイングランド代表DFガリー・ケイヒルがSNS上で悲痛な胸の内を明かした。 メイソンは、昨年1月22日に行われたプレミアリーグ第22節のチェルシー戦でケーヒルと接触。頭蓋骨を骨折し、手術を受けた。12カ月に渡って治療を続けたものの、ピッチ上に戻ることは叶わなかった。 ケーヒルは引退のニュースを聞いて『ツイッター』上で以下のように投稿した。「ライアンの引退発表を聞いて、とても残念な気持ちでならない。CKで選手...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。