HSV戦で負傷交代の香川、ELアタランタ戦は欠場か…主将シュメルツァーは復帰間近

 


 ドルトムントに所属するMF香川真司が、15日に行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦のアタランタ戦を欠場する可能性が高いことが分かった。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。 香川は10日に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で、足首を負傷。12日の練習参加を見送っている。まだ最終的な診断結果は下されていないが、軽度の病気も患っている模様で、アタランタ戦の出場は厳しいと見られている。 その一方で、キャプテンを務める元ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。