CL敗退のマンU、OBたちが古巣を痛烈に批判「力なく何もなかった」

 


 マンチェスター・UのOBたちが、古巣のパフォーマンスを痛烈に批判した。14日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでセビージャと対戦したマンチェスター・U。しかし、ホームで行われた一戦に1−2で敗れ、2試合合計1-2でCL敗退が決定した。 マンチェスター・Uのレジェンドで元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏は、古巣のパフォーマンスについて「彼らは全ての試合を慎重に入りすぎている」と批判し...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。