ドンナルンマ、誤解を招いたビデオについて謝罪「叔父をからかうものだった」

 


 ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、誤解を招いたビデオメッセージについて謝罪の意を示した。イタリア紙『トゥットスポルト』が16日に報じている。 ナポリ戦の試合終盤に、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクのシュートをスーパーセーブしたドンナルンマ。試合後には「おじさんごめん、あのセーブはわざとじゃないんだ。(セーブした)あの手を引っ込めたかったけれど、できなかったんだ」と親戚の叔父に向けたメッセージと、ユーモアを交えた罵る言葉も口にしていた。 しかし、このビデ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。