ミランDFボヌッチ、元同僚ブッフォンの行為に理解「自分だったら…」

 


 ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、古巣ユヴェントスの同代表GKジャンルイジ・ブッフォンのチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、レアル・マドリード戦での主審に対する行為に理解を示した。 昨シーズンまでユヴェントスに所属したボヌッチは、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに対し「あの舞台に自分がいなくて良かったと思うよ。というのも、もし自分があの場面にいたら自分の感情を抑えることができなかっただろう」と、PKを判定した主審に対して怒りを爆発させたブッフォンに同調した...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。