EL制覇のアトレティコ…シメオネ体制6年半で獲得した6タイトルを振り返る

 


 ヨーロッパリーグ(EL)決勝が16日に行われ、アトレティコ・マドリードは日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユと対戦。3-0と快勝し、6年ぶり3度目のEL制覇を果たした。 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督にとっては、2011年12月の就任から約6年半で6個目のタイトル獲得になる。スペイン紙『マルカ』によると、同クラブの指揮官としては、スペイン代表監督も務めたルイス・アラゴネス氏と並んで歴代最多記録になるという。 なお、ELの歴代優勝監督のうち、ヨーロッパ出身者以外は...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。