もしもユーゴスラビア代表が存在したら…現役代表選手で23名を選んでみた

 


 かつて、高いテクニックと創造性に優れたプレーの数々で「東欧のブラジル」と呼ばれた代表チームがあったことをご存じだろうか。バルカン半島に位置したユーゴスラビア代表である。 ワールドカップの最高成績は4位(1930年、1962年)。ユーロでも2度の準優勝(1960年、1968年)、オリンピックでも1度の優勝(1960年)を成し遂げた。また、選手と監督の双方で名古屋グランパスに在籍したドラガン・ストイコヴィッチ氏など、数々のスーパースターを輩出。元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が指揮をとったこと...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。