【ライターコラムfrom甲府】「過激」にシフトしてルヴァン杯8強…J1再昇格へ感じる勢い

 


 ヴァンフォーレ甲府の変化を強く感じた、ルヴァンカップのプレーオフステージだった。ホーム&アウェイの連戦を戦った相手は浦和レッズ。言わずと知れたJ最大のビッグクラブで、昨季のアジア王者だ。甲府は今季の序盤戦にJ2でさえ苦戦していた。 しかし2試合合計スコア3-2でベスト8に勝ち上がったのは、人口80万人の県を代表するスモールクラブだった。 メンバー表に記載された先発11名の平均年齢は24.73歳。エデル・リマ、ジネイ、新井涼平、小椋祥平と続出している負傷者の影響もあるのだが、若手がそれを十二...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。