バルサ、昨夏に続きラビオ獲得に動く…PSGとは契約を延長しない意向か

 


 バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオの獲得に興味をしているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が11日に報じている。 同紙によると、バルセロナはラビオのテクニックに加え、23歳という若さと191センチの高さを評価しているという。また、ラビオは2019年6月30日で満了するPSGとの契約を延長しない意向のようで、バルセロナは獲得交渉のため、すでにエリック・アビダルGM(ゼネラルマネージャー)らをパリに派遣していると伝えられている。 バ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。