マルセロがレアルとの契約を2年延長、正式発表へ…22年6月末まで

 


 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、同クラブとの契約を2022年6月末まで延長したようだ。スペイン紙『アス』が13日に報じている。 同紙によると、マルセロは2020年までだった現行契約の期間をさらに2年延長。2022年6月末までの新契約を結んだようだ。レアル・マドリードは13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のアポエル戦を控えているが、試合翌日の14日に契約延長の正式発表が行われる予定となっている。 マルセロは1988年生まれの29歳。2007年から...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。