開幕5節で首位バルサと7差…不振のレアル、ジダン監督「落ち着きが必要」

 


 20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節のベティス戦で、レアル・マドリードは0-1と完封負けを喫した。公式戦の連続得点記録が「73」でストップし、早くも今シーズンの2敗目となった。 試合後、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。 ジダン監督は「今日の分析としては、ボールがゴールに入るのを望まなかったということ。我々は26、27回のチャンスを手にし、それでもゴールが決まらなかった。それがサッカーだ」と、幾度となく迎えたチャ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。