【コラム】その伸びしろは無限大…川崎に新たな可能性を示す若武者・板倉滉

 


 ふっと気の抜けてしまう瞬間が、どうしたって人にはある。チームもまた然りだ。この夜の川崎フロンターレが、そんな瞬間に陥りかねないタイミングにあった。 20日の天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16。1週間前のAFCチャンピオンズリーグ準々決勝、浦和レッズにまさかの「逆転負け」を喫していた。4日前の明治安田生命J1リーグ、折れた心を奮い立たせて清水エスパルスに勝ち切った。張りつめて切れそうな緊張の糸、相手は同じ清水。「ほっとしがちなところだった」。試合後、鬼木達監督は正直に打ち明けている。...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。