【C大阪vs仙台プレビュー】優勝戦線に食らいつきたいC大阪…仙台は敵地でのC大阪戦で5勝4分4敗と勝ち越し

 


■セレッソ大阪 “ゲームメーカー”清武弘嗣が、天皇杯で約3カ月ぶりに公式戦復帰【プラス材料】 天皇杯4回戦にて名古屋に1-0で勝利したことで、J1では川崎とともに、3冠の可能性を残すクラブとなっているC大阪。悲願の初タイトル獲得へ全体の士気は高く、それゆえに上位戦線生き残りへ、週末のリーグ戦勝利にかける思いも強い。そして、舞台は今月初のホームゲーム。今季公式戦全勝のキンチョウスタジアムにて仙台と対戦する。C大阪としては、リーグ前節で広島に0-1で敗戦した記憶を払拭すべく、サポーターの迫力ある...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。