ドルトFWオーバメヤン、レアルへの移籍破談に「正直失望した」

 


 ドルトムントを退団しレアル・マドリードへの移籍が近づいていたガポン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは、破談になった移籍への思いを明らかにした。22日付でイギリスメディア『デイリーメール』が報じている。 昨シーズン、31ゴールを挙げてブンデスリーガ得点王に輝いたオーバメヤンは、レアル・マドリードへの移籍希望を明言し、クラブにトランスファーリクエストを提出していた。しかし移籍は叶わず、ドイツに残ることが決まっている。 オーバメヤンは「もう移籍することは夢じゃない。レアル・マドリードと話...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。