仙台の鮮やかなカウンターが炸裂! 敵地でCに大阪に4ゴール完勝

 


 2017明治安田生命J1リーグ第27節が23日に行われ、セレッソ大阪とベガルタ仙台が対戦した。 先制したのはアウェイの仙台だった。42分、右サイドから古林将太がグラウンダーで折り返すと、中央の石原直樹が右足ダイレクトで流し込んだ。 後半に入るとC大阪が敵陣に押し込む時間が増えたが、仙台が追加点を奪う。70分、カウンターの流れから古林がクロスを入れると、ペナルティエリア左に流れたボールを野津田岳人が左足でゴール右に蹴り込んだ。 苦しくなったC大阪は74分、杉本健勇のシュートがこぼれたところ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。