攻め手を欠いた川崎、痛恨ドローで3連勝ならず…神戸の連勝もストップ

 


 明治安田生命J1リーグ第27節が23日に行われ、ヴィッセル神戸と川崎フロンターレが対戦した。 互いに3連勝を目指す好調同士の一戦。前半は互いに決定機を作り出すことができず、スコアレスで折り返す。 先に決定機を迎えたのは神戸。63分、ペナルティエリア内右でフリーになった渡邉千真が右足で低いシュートを放つ。しかし右ポストを直撃してしまい、先制ゴールとはならなかった。 対する川崎は78分、エリア内右で受けた家長昭博が切り返しでDFをかわすと、走り込んだ森谷賢太郎がシュート。だが、GKに阻まれて...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。