降格圏に沈む大宮、DF和田拓也が左ハムストリングス肉離れで全治4週間

 


 大宮アルディージャは26日、DF和田拓也の負傷を発表した。 同選手は明治安田生命J1リーグ第26節のガンバ大阪戦で先発出場したものの、68分に負傷交代。診断の結果、左ハムストリングス肉離れのため、全治4週間と発表された。 同選手は今季ここまでの公式戦で22試合に出場している。 大宮はリーグ戦27試合を終え、5勝6分16敗の勝ち点「21」で17位。次節はホームで清水エスパルスと対戦する。続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。