ヴェンゲル監督、W杯逃したサンチェスを擁護「チリにとってのベッカム氏」

 


 アーセナルを指揮するアーセン・ヴェンゲル監督が、チリ代表FWアレクシス・サンチェスについてコメントしている。 2018 FIFAワールドカップロシア 南米予選最終節で、チリ代表はブラジル代表に敗北し本大会行きのチケットを手に入れることはできなかった。2014年のワールドカップ・ブラジル大会でベスト16入りを果たした同代表は、テレビから試合を楽しむことになる。 キャプテンとしてチームを引っ張っていったサンチェスに、ヴェンゲル監督は「代表チームには大きなプレッシャーが伴う」ことを理解しつつ「イ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。