オスカルが中国移籍を決断した理由とは?「キャリアより家族のことを考えた」

 


 中国スーパーリーグの上海上港に所属するブラジル代表MFオスカルが、中国移籍を決めた理由について語った。イギリス紙『ガーディアン』が伝えている。 2012年の夏、インテルナシオナル(ブラジル)からチェルシーに加入したオスカル。すぐさまその能力を発揮してポジションを勝ち取ったが、昨シーズンに就任したアントニオ・コンテ監督の下、出場機会が減少すると、中国クラブの“爆買い”のターゲットとなり、今年1月に上海上港に移籍を果たした。 現在26歳の同選手がまだまだヨーロッパのトップクラブでプレーできるレ...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。