元マンU指揮官モイーズ氏、祖国スコットランド代表の監督就任に意欲

 


 かつてマンチェスター・Uなどを指揮したデイヴィッド・モイーズ氏は、現在空席となっているスコットランド代表監督への就任に意欲的なようだ。イギリス紙『サン』や同国メディア『スカイスポーツ』が報じている。 スコットランド代表は2018 FIFA ワールドカップロシア欧州予選で3位に終わり、本選出場を逃している。スコットランドサッカー協会は2013年より同国代表の指揮を執ったゴードン・ストラカン監督の退任を発表し、新体制でユーロ2020出場を目指すことを発表している。 そんななか、同国代表の新指揮...続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。